保険用語

基本の保険用語

生命保険の説明を受けるときに、様々な用語を耳にしませんか? それは簡単ですぐに理解できるものもあれば、用語がわからないが為に、保険内容までよく理解ができないようなものまで様々です。

そこで今回は、基本の保険用語について紹介します。

■医療保険
病気やケガ、入院による備えの保険です。
医療費面の充実を目的としているので、死亡保険金がついていても金額が少なく設定されています。
また指定されている日数以上入院しなければ、日額が支払われない場合もあります。
■ガン保険
契約日から一定の期間を越えてから、ガンとして診断された場合には、入院給付金や、手術給付金が支払われる保険です。
ガン保険の魅力としては、入院期間に対する制限が無いため、入院した日数分の給付金を受け取ることができます。
■審査
保険を加入するにあたり、保険会社が健康面を把握する為の、審査があります。
この審査により、保険に加入できるかどうかと、一部保障内容の見直しなどが行われることがあります。
この審査の時には、病院が発行する健康診断の結果が必要になる場合や、保険会社指定の書類に必要事項を明記の上、保健師による面談が行なわれます。
■契約者貸付
積み立てている保険金から、必要に応じて一定額の貸付を行なってくれます。
この貸付受けた場合でも、保険の契約中であることには変わりはないので、引き続き保険内容の保障は続きます。
契約してからの期間の短さや、プラン内容によっては、貸付を受けることが出来ない場合もあるので、予め確認が必要になります。

↑ PAGE TOP