見直し 注意点

見直しで後悔しないために

ライフプランに合わせて行なう、保険の見直しですが、失敗だと感じる人が多いようです。
■信頼のできる担当だと思っていたはずが・・・
生命保険会社の営業は、あくまで営業です。
本当に人の為を思ったプランをたててくれる人もいますが、少ないのが事実です。
しかし親切にされると、信用しきってしまう人が多いのです。

特に生命保険の説明というものは、話しも長く、説明も難しいので、よくわからない状態で見直しを余儀なくしてしまう人がたくさんいます。
老夫婦 担当者任せにせずに、内容の確認が必須です。
■プラン見直しによる注意点
こどもができて、死亡保険に重心をおきたいと考えて、プラン内容を把握していない人がたくさんいます。
いざ入院をしてみると、あれだけの高額な支払いをしているのに、これだけしか入院費用が出ないの!とか、癌保険がついていない!!など、生命保険によるトラブルが、後を絶ちません。
そこでプラン見直しを行なう前に、一度じっくり今の保険内容を、把握しておきましょう。
■先を見据えた保険選びが大切
プランを変更すると、前のプランに対する返戻金などが、どうなってしまうのか!まで確認して置く必要があります。
プラン変更の場合、実質解約ではないわけですが、積立額は減少します。
プラン見直しの機に、新しい保険会社に変更する方が、良い選択の場合もあります。
他にも、保障が必要以上につきすぎていることで、月々の支払いが多くなってしまうことも、多々見受けられます。
実際に何が必要で、何が必要では無いのかの見極めを、自分で行ない、営業の口車に騙されないように気をつけましょう。

↑ PAGE TOP