保険選び ポイント

保険を選ぶときのポイント

保険はライフプランとニーズに合わせて選択することが、最大のポイントです。

今回は、主な3つのポイントについて紹介します。

おばさん
■事故や病気の備えとしての保険
学生上り立で、社会人になったばかりの独り身の場合であれば、特に高額な死亡保険金を設定する必要もありませんね。
しかし、若いうちから保険をかけておくと、保障内容は手圧く、それでいて月々の支払金額を低く設定できるので、将来に向けてかけておくのも良いでしょう。
しかしあまりに保障内容を高く設定しすぎると、月々の支払金額も高額になってしまい負担が大きくなりますね。
そこで死亡受け取りの金額はいつでも上げることができることもあり、医療面などの内容を充実させておくようなプランを選ぶと安心ですね。
周りに迷惑をかけない程度に、最低限度の保障の保険で問題ありません。
■家族の為の保険
結婚をしてこどもが産まれることになった場合、もしも両親の身に何かがあったとしても、残された家族が生活できるだけの資金を、残しておかなければいけません。
そこで、死亡受け取り金がついているタイプの保険を選ぶことや、医療面が充実しいているタイプのものを選ぶなど、独り身の時よりも、手厚いタイプの保障内容が必要になります。
この場合のポイントは、もしもの時の備えの保険ということになりますね。
■老後に向けての保険
老後に向けての場合であれば、医療面などが充実しているのはもちろんのこと、介護などの保障内容も入っている保険だと安心ですね。
あとは定年退職後に、個人年金として受け取れるような貯蓄タイプの保険であれば、将来の生活面も不安なく過ごせることになります。
そこでこの場合にかけておきたい保険としては、自分たちが困らない程度の保障内容の保険を選ぶことがポイントになります。

↑ PAGE TOP